辛いこむら返りにせんげん台のマッサージサロンで身体ケアをしてみませんか

お問い合わせはこちら

こむら返りに

こむら返りに

「イタッ!」と就寝中に突然足がつって(こむら返り)、驚いて目が覚める。運動中に動けなくなる。焦ってもどうにもする事もできず、動くことも出来ずに症状が治まるのをじっと待つようなことを経験されたことは、たいていの方にあるのではないでしょうか?
若い頃はサッカーやテニスなどのスポーツで運動中や運動後に起こりやすく、筋肉疲労が原因の1つと考えられています。ところが中高年になると、ハイキングやジョギングなどの軽い運動でも、それがきっかけになって足がつったり(こむら返り)、睡眠中にいきなり足がつる(こむら返り)といったケースが増えてきます。当初は一過性であったものも、毎日のように足がつる(こむら返り)ようになってしまったり、夜間に痛みで目を覚ませば、それが原因で睡眠障害を起こすことも少なくないようです。また、激しい痛みを経験したあとは、翌日になっても痛みや違和感が残ったり、さらには肉離れを起こしてしまうケースもみられます。


一般の健康な方でも激しい運動や長時間の立ち仕事の後には、下肢を中心につること(こむら返り)があると思いますが、筋肉疲労とは別に、加齢にともなって足がつってしまうのには、筋肉量の減少に加え、脱水症状、動脈硬化による血行不良と冷え、病気による神経障害、薬の副作用など、さまざまな要因が重なりやすいためです。
加齢や疲労、カルシウムなどのミネラルや栄養が不足するなどにより筋肉の伸び縮みがうまく出来なくなり、痙攣を起こしやすくなってしまいます。


寝ているときは意外に汗を掻いているもので軽い脱水傾向にあります。そんな中、全身をほとんど動かさないため、心拍数も減り、血行は低下します。夏場に冷房をつけっぱなしで寝たり布団をかけずに寝ると、足の筋肉が冷え、血行はさらに悪くなります。こういった悪い状況で、たまたま寝返りをうって筋肉に刺激が加わると、筋肉細胞が暴走して過剰な収縮が発生し、つりやすくなるのです。
もし、足がつってしまった(こむら返り)時には、体の力を抜いてリラックスするようにしてください。そして、擦るなど温めながら、動けるようになったらゆっくりとストレッチをしてあげてください。
足がつる(こむら返り)症状を慢性化させないためには、ミネラルと一緒に水を飲んだり、適度な運動、筋肉疲労に役立つタウリンやビタミンB1が含まれた食材や、カリウムを含んだ食材の鶏肉・牛肉・魚・大豆製品・酢などの摂取が大切です。また漢方では、赤い食材が血を増やし、血流を良くして体を温めるとされていますので、クコの実・なつめ・赤身のお肉なども積極的に摂るようにすることもおすすめです。
そして、日頃から血流を良くしておくことが、こむら返りを起こさないための予防になります。


そこで、ふくらはぎや全身に血流を良くするのに効果的なフットケア、アロマオイルトリートメントを日常ケアに取り入れてみてはいかかでしょうか?
特にふくらはぎは第2の心臓ともいわれ、全身の血行を巡らせる大切な役割を持っています。このふくらはぎの筋肉をほぐし、冷えや血行不良からまもってあげると、足はつり(こむら返り)難くなります。
 

足がつってしまう(こむら返り)本当につらいですね。是非、ぽんてアロマサロンでリフレッシュしていただきながら、身体のケアにご利用ください。足のつり(こむら返り)解消で笑顔あふれる毎日をお過ごしください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。